Cell Cosmetic テーラーメードコスメ・シリーズ

【 Tailor-made Cosmetics  AppliCell 】

当社は、世界で始めて患者自身の幹細胞を使用した Tailor-made Cosmetics  AppliCell 製品の製造開発に成功し、世界のVIPのお客様に愛されてきました。

 

当社の Tailor-made Cosmetics  AppliCell は、当初、最もアンチエイジングの希望の多い30歳以上の大人の幹細胞が使用されてきましたが、30歳以上の患者の幹細胞は幹細胞の数が少なく、期待するほどの効果が得られないという事実に気がつきました。 

 

そして、現在、当社は、妊治療で廃棄される患者自身の受精卵の1細胞を使用したコスメ(リプロスキン技術)や、患者自身のスキン細胞とリプロスキンを核融合させて製造される細胞ジェルを使用して製造されるコスメスキンライン Tailor-made Cosmetics  AppliCell を製造することに成功しております。 


受精卵の1細胞のみを使用する技術は、当社の名誉会長である

故yury Verinskyが、開発した技術として今も当社のみで受け継がれております。

この技術に関しては、ブッシュ政権時にアメリカの倫理委員会のチェアマンであり、ブッシュ大統領の右腕と言われたリオン・カス氏が、

『この技術は、受精卵を壊すこともなくES細胞ラインを製造することが可能であり、まさに、すべての倫理問題をクリアした究極の細胞ラインとなる。』

との発表を行い、ES細胞研究を認めるべきである。という発表をしました。


このリプロスキン技術を使用することにより、受精卵は死ぬこともなく、全く問題なく成長することが可能です。

 

この自身の赤ちゃんの受精卵から培養・増殖された幹細胞は成人した両親の細胞にも副作用なくマッチし、究極のアンチエイジングコスメとして世界の富裕層のシークレット・アンチエイジングとしてご愛用いただいております。