I-Horus Inc.

Fat Cell
Fat Cell

Regenerative Medicine is a paradigm shifting technology that will revolutionize global healthcare by curing or effectively treating the -patients- devastating acute and chronic diseases and conditions instead of the conventional medical options of treating the symptoms.

 

Regenerative medicine is a multidisciplinary field that combines the specialization of cellular, stem cell and developmental biology, tissue engineering, biochemistry, immunology, and other related disciplines that integrate to regeneratdamaged tissues and organs through various delivery, communication and signalling mechanisms that repair previously irreparable tissue and organs into healing and the restoring lost function and health.

 

Chronic diseases - such as heart    disease, cancer, and diabetes - are the leading causes of death and disability in the United States. These diseases account for 7 of    every 10 deaths and affect the quality of life of 133 million Americans – almost 1 out of every 2 adults – had at least one chronic illness. CDC Center for Disease Control and Prevention

 

Healthcare expenditures have grown more than twice the pace of the national gross domestic product (GDP), with nearly 75 cents of every healthcare dollar is (75%) spent on treatment of chronic diseases. Chronic diseases are No. 1 cause of death, illness, hospitalization, health care costs and long-term disability. Chronic disease affects every nation’s businesses and economy, reducing productivity    and placing an unsustainable burden on all sectors of society.

     

Can we reverse this devastating and unsustainable trend?  Yes we will.

 

Time is fast running out when we combine the increasing demographic tsunami of a rapidly aging population in industrialized countries with the costs of healthcare-for chronic diseases alone-that have grown to unprecedented levels. a fact emerges that is so evident that it cannot be debated or refuted is that maintaining the current healthcare system could well bankrupt the largest economies in the world.

 

It is this critical certainty of the healthcare dilemma for all people of the world; Regenerative Medicines potential to transform healthcare for all humanity should make it a priority at all healthcare levels; its relevance must be prioritized in the best interests of the economy, and contemporary society of every country.

 

iHorus/AppliCell members and our partners are impelled by these challenges to stand togetherto revolutionize healthcare through regenerative    medicine . 

 

What is the potential of tissue engineering regenerative medicine ? 

Dr. Alan Russell the chairman of our scientific board speaks at the TED Talks conference on the potential of regenerative medicine.

About OrCel®

Product Description
OrCel® is a bilayered cellular matrix in which normal human allogeneic skin cells (epidermal keratinocytes and dermal fibroblasts) are cultured in two separate layers into a Type I bovine collagen sponge. Donor dermal fibroblasts are cultured on and within the porous sponge side of the collagen matrix while keratinocytes, from the same donor, are cultured on the coated, non-porous side of the collagen matrix.

OrCel® serves as an absorbable biocompatible matrix that provides a favorable environment for host cell migration and has been shown to contain the following cell-expressed cytokines and growth factors: FGF-1 (bFGF), NGF, GM-CSF, IL-1a, IL-1b, IL-6, HGF, KGF-1 (FGF-7), M-CSF, PDGF-AB, TGF-a, TGF-b1, TGF-b2, and VEGF. OrCel® is not intended to be a human skin replacement and does not contain Langerhans cells, melanocytes, macrophages, lymphocytes, blood vessels or hair follicles. DNA analysis performed on two OrCel® -treated donor site patient tissue samples showed no trace of allogeneic cell DNA after two or three weeks respectively.

 

OrCel®は、ヒト由来細胞から誕生しました。

OrCel®は、ヒト由来細胞から誕生したバイオシートです。

ヒト由来の細胞だから安心して使用が可能です。

現在、アメリカ国内では、表皮水疱症 (Epidermolysis bullosa, EB)と火傷でFDAから製造販売承認を受けております。

特徴

今までのバイオシート・バイオマテリアルは患者の細胞を培養してから2週間から1ヶ月ほどの培養期間が必要でした。

その為、火傷や表皮水泡症などの早急に治療が必要な緊急性の高い症状の場合、即時に治療ができないという問題は患者への負担が大きく大きな問題点となっていました。

また、同様に火傷などの場合、治療は時間との戦いであり、即時に治療が不可能という欠点は時間経過とともに患者の皮膚の修復能力に限界が出てしまうという問題点もありました。 

しかし、OrCel®は、これらの問題点をすべて克服した製品としてFDAからの販売承認をいただいております。

4大特徴

 

①、ヒト由来細胞のみを使用して製造されたシートなので浸透能力が優れています。
②、増殖・培養の時間が必要ありません。使用したいときにいつでも使用可能です。 
③、皮膚のダメージに対し早い時点でシートの使用が可能なので修復能力が優れています。

 

表皮水疱症 Epidermolysis bullosa, EB

表皮水疱症とは、皮膚や粘膜に水疱やびらんが発生する遺伝性の疾患です。表皮水疱症は、軽微な外力でも水疱やびらんが発生してしまいます。重症の場合には、繰り返して形成される水疱やびらんのために手や足の指趾の皮膚が癒着するなど、日常生活が困難となることもあります。表皮水疱症は、殆どの場合、誕生時から1歳未満の乳児期より発症します。日本では、厚生省稀少難治性皮膚疾患に認定されていますが、重篤な難治性皮膚疾患である表皮水疱症に対する有効な治療方法はまだありませんでした。

OrCel®は、アメリカのFDA(食品医薬品局)より表皮水疱症 Epidermolysis bullosa, EBの治療剤として認可されております。

ヒト細胞由来シート

当社の子会社であるApplicell KK.の治療技術である、3T3ライン(マウス由来細胞)を使用しないヒト細胞由来シートを使用した治療のご紹介です。


20世紀に発見された3T3ラインなどのマウス由来細胞を使用しない、ヒト由来のみの細胞で開発された世界で初めてのバイオシートです。

 

従来のシートと異なり、拒絶反応が少ないため、持続効果が高く、副作用がない事が特徴です。

 

既にFDAより、EBや火傷での使用販売を承認されているバイオシートです。現在、糖尿病壊疽のフェーズ3を継続中です。

糖尿病壊疽 diabetic gangrene

糖尿の壊疽とは、糖尿病が原因で身体の末端の血管や神経に問題が生じることによって発生します。糖尿病性閉塞性動脈硬化症といいます。血行障害と感染による壊疽が急速に進むため手遅れになって下肢の切断に至る可能性が高くなります。

 

しかし、足切断手術に成功しても、予後はよいとはいえません。

術後30日以内で患者さんが亡くなってしまう割合は、ヒザ下での切断で5~8%、ヒザ上での切断で8~12%というデーターがあります。


現在臨床治験中のバイオシートは、糖尿病壊疽の開発を進めています。


Tailor-made Cosmetics  AppliCell 

 

 

 

 

 

i-Horus Inc.は、世界で始めて患者自身の幹細胞を使用した Tailor-made Cosmetics  AppliCell 製品の製造開発に成功し、世界のVIPのお客様に愛されてきました